ペパクラデザイナーとは
ペパクラデザイナーはペーパークラフト用の展開図を作成するためのWindows用ソフトウェアです。

ペパクラデザイナーには、3Dデータから展開図を自動生成する機能と、展開図を編集するための便利な機能が備わっています。

ペパクラデザイナーを使用することで、パソコンで作った3Dデータから、実際の紙模型を制作できます。

まずは、無料でダウンロードして試しに使ってみましょう。ライセンスを購入いただくことで、ファイルのエクスポートと保存機能を使用できるようになります。
3Dデータを作成する機能は備わっていません。

ペパクラデザイナーには、3Dデータを作成する機能は備わっていませんのでご注意ください。

ペパクラデザイナーを使用する前に、他の3DCGソフトで立体的な形のデータを作成しておく必要があります。

無料で使用できる Metasequoia のご使用をお勧めします。

ペパクラデザイナーは Metasequoia 独自形式のファイルを読み込むことができます。
※ Metasequoia 4 は株式会社テトラフェイスの製品です。無料で使用できますが、Metasequoiaのライセンスを購入するまでは、独自形式以外での出力やプラグイン、スクリプトなどいくつかの機能が制限されます。
ペパクラデザイナーの主な機能

自動での展開図作成

ボタン1つで、展開図が自動的に作られます。

展開図の編集

展開図のレイアウトや、のりしろの編集を行うための便利な機能が備わっています。

組立ての支援

貼り合わせ場所を確認するための番号表示や、完成予想図と展開図の対応を確認するための機能など、紙模型の組み立てを支援するための便利な機能が備わっています。

展開図のエクスポート

ペパクラデザイナーで作成した展開図は、様々な形式のファイルに保存できます。
サポートされている形式には、BMP、PNG、GIF、JPG形式による画像ファイル、EPS、DXF、EMF形式によるベクタファイル、およびPDFファイルがあります。また、読み込み専用のペパクラデザイナー形式で保存することもできます。

テクスチャの設定

テクスチャのオン・オフを切り替えることで、色付きモデルやホワイトモデルの切り替えが行えます。

さらに詳しくは「使用方法」のページをご覧ください。